ED(勃起障害)は誰にでも可能性のある障害

EDの中でも差がある症状いろいろ

EDとは言っても、患者によってその症状はかなりのばらつきが存在します。
EDになってしまう大きな原因を二つに分類すると先天的なものと後天的なものに分けることが出来ます。
先天的なものというのは文字通り生まれつきの体質によってEDになってしまうことを言います。
一度も勃起したことがないような人は先天的なEDで、症状はかなり深刻です。
一方で、後天的なEDに関しては大半の人が発症させているといえます。例えば、高齢になって勃起することができなくなる男性はものすごく多いですが、こうした症状もEDに違いありませんので後天的なEDと言えます。
また、交通事故などによって下半身が動けなくなるような場合も同じです。
共通しているのは、最初から勃起することが出来なかったわけではなく、何らかの原因によって勃起することができなくなってしまったことを意味します。
勃起をする力を取り戻すという意味では、明らかに後者のほうが治療は簡単です。実際に、勃起治療薬として使われる薬は下半身が動かなくなってしまった人に対して効果を発揮させることが出来るものがあります。
勃起の仕組みは血液の流れと血中濃度、そしてホルモンバランスによって説明することができるのでこれらを薬で補助することができれば性的刺激と興奮で勃起させることは難しくありません。
対して、先天的な症状の場合にはそもそも勃起させることが可能な物質が体内に存在していない事も考えられます。
男性であるにもかかわらず先天的に男性ホルモンが不足している人は存在しますのでこうした人は治療薬ではなくもっと専門的な治療を受けなくてはなりません。
このように、EDの中にも症状に差はありますので個別具体的に考えていくことが大事です。

EDになったら男としての人生を諦めるべきなの?

EDになっても人生を諦める必要はまったくありません。
今は即効性のあるED治療薬も登場しており、服用すれば1時間せずに勃起してくれるという優れものです。
保険の適用外なので薬価は高いですが、個人輸入なら安価なジェネリックを取り寄せることもできます。
1錠100円台という格安ジェネリックも存在するので、経済的に余裕がなくてもED治療はできます。
EDになると完治しないと思われている方が多いですが、そんなことはありません。
肥満や高脂血症などと同じように、生活改善をすれば改善できるのです。
勃起力は老化により減退していくため、40代になって精力剤を服用しても、20代のころのような元気は手に入りません。
しかし、これは自然現象であり仕方のないことです。
年齢に見合った勃起力があれば、快適な性生活を送ることができるのです。
EDになったら男は終わりと考えている方もいますが、EDとは成人病や生活習慣病の一種なのです。
乱れた生活習慣が継続することで、ペニスが思うように立たなくなります。
性欲を覚えてもペニスが反応しにくくなり、また反応はしても中折れするなど支障が出てしまうのです。
ペニス自体に原因があるケースは稀なので、まずは生活を見直していきましょう。
特に大切なポイントは血液をサラサラにすること、しっかり睡眠をとることです。
当たり前の対策ですが、多くの方は実践できていません。
EDとは血液関連の症状だと考えていいでしょう。
陰茎海綿体への血流に問題があり、スポンジ状の海綿体が十分に膨らまなくなるのです。
勃起とはスポンジに大量の血液を含ませて大きくすることで発生します。
食生活のバランスが悪い方は、血流を悪くする脂肪分を摂りすぎない対策が必要です。

EDが薬で治るというのは都市伝説なのか

EDの定義は世間の人々が考えている以上に広いです。
一般的には完全にペニスが勃起する働きを失った状態だけが、EDだと思われています。
しかし、実際はペニスの固さが減退している事、本人の意思で好きなときに勃起出来ない事、
あるいはセックスの真っ最中に唐突に萎えてしまう事なども、その定義に該当します。
日本人男性の発症率は決して低いとは言えません。
調査によっては成人男性のおよそ3人の1人位が、広義のEDになります。
EDは専用のお薬で治るので、そう気にする事はない、という意見を耳にした事がある方は多いはずです。
勃起力が不安定になる慢性的な症状が、お薬一つで治療出来るなんて都市伝説だと信じない方々もいらっしゃるかもしれません。
確かについ先日まで日本国内ではED治療薬が未承認だった事もあり、大衆に専用の医薬品が行き渡る事はありませんでした。
しかし、近年では公にED治療薬が承認され、身近な医院で処方されています。
ED治療薬は国内では入手不可、国内で手に入るなんて都市伝説だ、という意見は、以前だと正しかったですが、今日ではむしろ誤りです。
実際に勃起力の問題を抱える日本人の多くが、専用のクリニックに行く事で、治療に役立つ医薬品を処方されています。
医薬品の効き目は安定感があり、ただ薬を飲み、数十分待つだけで立つ気配がなかったペニスに、元気が蘇ります。
薬にもバイアグラ、レビトラ、シリアスなどこの他にもジェネリック医薬品を含めて様々なED治療薬があります。
中でも、バイアグラは海外で人気です
ED治療薬には勃起を支援する働きと主成分が入っており、性的な気持ちになる事で、ED治療のスイッチが起動し、30分から60分位で、ペニスは健全な固さと太さを復活させます。
既に医薬品には複数の種類が存在しており、即効性が強いタイプもあれば、
持久力に評価が高いタイプもあり、男性ユーザーのニーズに合わせて品物を選択出来ます。

■ED(勃起障害)に効果
レビトラ

ページの先頭へ戻る