ED(勃起障害)は誰にでも可能性のある障害

EDにより勃起力が減退する理由は性行の減少もあり

ペニスは定期的に使わないと機能が衰えます。
どんな器官にも言えることですが、適度な刺激を与えることが健康を維持するコツなのです。
ペニスの健康維持のためには定期的なSEXが欠かせません。
SEXの回数は年齢とともに少しずつ減っていきますが、30代~50代でSEXレスになる状態は健康とは言えません。
EDを防ぐためには、定期的に性行を楽しむことが大切です。
性行の内容がワンパターンにならないように、刺激的なプレイも導入してみましょう。
色々なプレイを試すことで、マンネリ化を防ぐことができます。
EDの原因といえば加齢を思い浮かべる方が多いでしょうが、実際は生活の乱れ、SEXのマンネリ化などが大きな原因なのです。
プレイのバリエーションを増やしただけで、精力減退が解消する方は少なくありません。
SEX本やアダルトグッズなどを使用し、色々なプレイを試してみましょう。

下半身のコリに原因がある場合は、風俗のマッサージを受ければ精力減退を抑えられます。
睾丸・鼠径部の周辺の血流が悪いと、陰茎海綿体が十分に膨張しません。
勃起が生じるメカニズムは、陰茎海綿体の急激な膨張にあります。
食事療法や運動などにより血行は促進できますが、コリが生じている場合はマッサージをするのが好ましいです。
月に1~2回のオイルマッサージだけでも、精力減退を防ぐことができます。
EDは重症化する前に治すのが基本です。
EDにコンプレックスを感じて、性行から遠ざかってしまうパターンが一番いけません。
性行の頻度が減るほど、さらに抵抗は強くなっていくからです。
精力減退が著しい場合は、ED治療薬の服用も考えましょう。
SEXの成功がきっかけで、勃起不全がすっかり治ってしまう方も多いのです。

ページの先頭へ戻る